『JAMES BONDS出張遠征 ~拳銃と目玉焼編~』 MCボンジョルノ


9月5日土曜日、午後3時、原宿駅。

珍感覚ヒップホップ軍団JAMES BONDSのメンバーMCオクトパスとMCボンジョルノが落ち合った。

ともに数年ぶりの原宿で、あまりの人の多さにたじろぎながら

とりあえずたばこが吸えて、ゆっくり目的地の場所をリサーチする空間を探すことに。

夜はスナックをやっているであろう、ちょっと薄暗くてカラオケセットと腰の低いバーカウンター

それに店主のおばちゃんがマルボロをくわえている、異様なカフェに入ることにした。

コーヒーだけにしようかと思ったが、なぜか「豚トロ丼」があったので結局2人揃って注文。

予想以上にうまかった「豚トロ丼」をあっさりと平らげ、

JAMES BONDSのデビューアルバム『YAMABIKO(仮)』のテーマを語り合ったり、

最近買ったレコードの良さをレペゼンしたり、お互いがたばこを6本吸い終わった頃、

時間通りに来れないJAMES BONDSのマネージャー・ボルサリーノ塘から

バイトが終わって原宿に着いたと連絡が入った。

7本目のたばこを吸い終わってからお会計を済ませ店を出ると、ちょうどボルサリーノも到着。

(ちなみにもう一人のメンバーMCマイトは親戚の集まりで欠席)

映画『拳銃と目玉焼』のDVD発売記念試写会へ向かった。

 

なぜ『拳銃と目玉焼』の試写会に行くことになったかというと、

JAMES BONDSのメンバーがやっているNPO法人COSMO FESTが毎年映画祭を開催しているのだが、

来年のテーマが「ヒーロ映画」に決まり、

一部で噂になっていた超低予算和製ヒーロー映画『拳銃と目玉焼』を

ちゃんと見ておかなくてはと思ったからである。

そしてバッチリのタイミングで試写会があることを知り、

すぐに応募し参加させてもらったという経緯である。

まさか、こんなに偶然が重なるものかとメンバー全員がビックリ仰天。

予告編しか見てないけど、絶対に良い映画に決まっている。

場所は千駄ヶ谷方面へ少し歩いた方にある「CAPSULE」。

あれ?見たことある人がいるなと思ったら、主演の小野孝弘さんとヒロインの沙倉ゆうのさん

そして見たことなかったけど、どうやら監督の安田淳一さんらしき人も出迎えてくれる

とてもアットホームな雰囲気の中、試写会は始まった。

 

『拳銃と目玉焼』低予算だからか、確かに気になるところはあった。

回想シーンが多かったりワンカットが長かったりでテンポが悪い、

バイクを盗んで乗り回すなんて主人公に都合良すぎ。

あと、一番気に食わなかったのがデリヘル関係の描写。

客が「こんな可愛い子が、デリバリーヘルスで働いてるんだ」って言うのだが、

小慣れた客がデリヘルのことをはっきりとデリバリーヘルスなんて言わねえだろ!って無性に不自然さを感じた。

そう、確かに気になるところはあるのだ。

だけど、こんなにキュートで愛らしいヒーロ映画は他にあるだろうか。

こんなに、作り手の心意気がビンビンに伝わって来る、めちゃくちゃ応援したくなる映画は他にあるだろうか。

どんなに厳しい状況であろうと、志ひとつでここまで熱い映画を作ってしまうなんて、

俺たちも負けてらんねえなと、心を揺さぶられまくっている。

監督の安田淳一さんとちょっとだけお話しした時、

「昭和感が強かったでしょ。。若い人にちゃんと伝わるかな」と言っていたけれど、

そんな心配はまるで無用。熱い気持ちが世代をぶち破ってるよ!

 

目立ぬように、似合わぬことは無理をしない「時代おくれ」な主人公が惚れた女は、

働かない彼氏に代わって朝はカフェ、夜はデリヘルで働きながら

決して笑顔を絶やさない、少々不憫な女性である。

最初はそんな辛い状況だってことを主人公は知らなかったんだけど、

それを全て知ってしまっても、少しも気持ちは変わらない。

カフェをやめたことで会う術がなくなった彼は、

おそらく人生初めてのデリヘルで彼女を呼んだ。

そこで彼女に対し、全く不埒な気持ちがない状態で、通帳と印鑑を強引に渡し

至極まっとうな説教をかます。

風俗嬢に説教する男なんて最低だよ!

客のあんたは、そんなに偉いのか!

でも、こんな純粋で不器用でちょっとばかしの物哀しさが、立派な男らしさなんだよ!

そして、その男らしさが、彼女が窮地に陥った時に覚醒し

彼は正真正銘のヒーローになる。

悪い奴らを完膚なきまでに叩きのめす、誰もが認めざるを得ない本物のヒーローだ。

ヒーローは、愛する女性を救った。

その愛する女性を前にし、いや正面から見つめることは出来なかったその時

ヒーローは涙を流した。

こんな映画を見たかったのだと、ふと思った。

 

とにかく、われわれJAMES BONDSは全員やられた。

上映後に開かれたジャンケン大会で勝ち残り、なんとヒロインの沙倉ゆうのさんのサイン入り写真集を

MCボンジョルノがゲットしてしまう奇跡もおき、最高の映画体験となった。

DVDが出たので、ぜひ買うかもしくは借りてご覧になってください!

こんだけネタバレしても、面白いもんは面白いんだから。

 

IMG_9386

 

来年の映画祭でもう一度スクリーンで見れたら最高ですと、

JAMES BONDSより一方的なラブレターでございました。