ホッピーと映画。


下落合焼き鳥ムービー 

監督 山本晋也

 

下落合

これはくだらないものをくだらないまま提供して、それの反応を見て、作り手側が楽しんでしまう、くだらない人間たちが作り上げたくだらない映画である(褒めてます)。…

 

ストーリーは常に安定せず、脈絡もなく意味不明な描写が飛び出してくる。そう、全体的に結構意味不明。まず、タイトルにある焼き鳥はほとんど本編とは関係ない。シュールな笑いを通り越して、突き抜けているので私はこれをサイケデリックコメディと名付けたい。

しかし、物好きはいつの時代もいるもので、タモリのストーリーとまったく関係のない怪演(迷 演?)は今ほとんど表には出てこなくなった彼のダークサイドの記録物としては価値のある物かもしれない。くだらないものをくだらないと笑える人でも素面で の鑑賞は厳しいかもしれないのでホッピーと焼き鳥を添えて、ご覧あれ。

 

戦国自衛隊

1979年(日) 監督斎藤光正 主演 千葉真一

戦国自衛隊

日本が世界に誇るスター‘千葉ちゃん’こと千葉真一。彼が最も脂がのっていて、更にその脂が妙にテカり出している頃の作品である。2005年 に千葉ちゃんの元子分‘真田広之’主演でリメイクされているのだが、やはり師匠を超えられていないという点に注目してほしい。最近の役者はみんな肌が「プ リッ」としている。んな訳ないだろと思う位のビューティースキンだ。真田よ!千葉ちゃんをみろ!どっからどう見ても、汚い居酒屋でホッピーを飲みながらお でんをつついている顔だろ。真田よ!これが‘漢’だ!漢の教科書をもう一度見直すべし。


Leave a comment

Your email address will not be published.