ワインと映画と


サイドウェイ Sideways

2004年(米) 監督アレクサンダー・ペイン 主演 ポール・ジアマッティ

サイドウェイ

男はフラれた時にどうするか。泣く、食べる、飲む、ふらつく、筋肉を鍛える、次の女を探す。…

 

まあ色々とあるだろうが、この映画の主人公はふらついて飲むことにする。売れない中年の小説家 で、ハゲ・デブ・貧乏の三拍子揃い踏み。更に親の金も盗んじゃうような男だから、妻に愛想を尽かされて当然。他の男が出来て離婚してしまうのだ。そのフラ れた傷を癒すために、親友とアメリカ中のワイン巡りの旅に出るというのが大体の話である。でもそんな簡単に立ち直れるわけもない。男はこうなるととことん 弱いから大変!ワイナリーで暴れ、酔って元妻に電話を掛け、親友は婚約中なのに他の女をひっかける始末。更に出版間近だった小説も結局頓挫する。これはま さに地獄。この時のポール・ジアマッティの顔はまるでアイフルのCMのチワワのようである。そんな チワワみたいな顔をしていたら、運よく美女といい感じになってしまうのだから人生不思議!お互い大のワイン通だから馬が合うし美人。どんどん親密になり、 そしてめでたく・・・と一筋縄ではいかないのもまた懐が深い。世間は「男は黙って・・・」とか言うが、いざとなったら「男はしょんぼりチワワ顔」ってのも ありかもしれない。女性の方どうなんですか??

 

 

「ノッティングヒルの恋人」

1999/ UK, USA

監督:ロジャー・ミッシェル

ノッティング

夢見心地でワインを乾杯

一人で観るもよし、恋人と観るのもよし!な微笑み度満点恋愛映画。

『ローマの休日』を思わせるラストの記者会見のシーンはハッピーな気分になること間違い無し。やはり身分の差がある恋愛映画に記者会見シーンは欠かせませんね。

ジュリア・ロバーツの美しさと女優感は、大きめのワイングラスに赤ワインがよく似合います。ボジョレー・ヌーヴォーも解禁されたことですし、いかかでしょう。


Leave a comment

Your email address will not be published.