Mac石井のマンガの小道〜その1〜


IMG_1150

小道のススメ1

初めまして、Mac石井です。今月から連載することになりました。JISCOMのマンガ担当になりました。以後お見知り置きを。。。

マンガの王道を通ってきたMac石井がちょっと寄り道して面白いマンガを発掘する月イチ企画「Mac石井のマンガ小道」。

石井の趣味趣向で、読んだマンガを辛口評価。また当コーナーでは読者から次にMac石井に読んでほしいマンガも募集します。

 

さて、ここでは「マンガの小道」をつらつらする、わたくし、Mac石井のソレを紹介する。

小道を拝読していただくにあたり、まずは私がこういうマンガ道を通ってきたということを教えたい。そうすることで、できるだけ読者と私の共通項を見出し、私の記事をより理解していただけるはずだからだ。

 

 

「Mac石井の基本」

 

1989年神奈川県生まれ 獅子座

2歳くらいの頃からアニメが好きで、ビデオテープが擦れて見れなくなるくらい「ダンボ」を見る。その後もケーブルテレビのディズニーチャンネルなるもので、ディズニーは子供の時にたくさん見た。

 

小学生のころ、トイレにいつも置いてあった「ビックコミック オリジナル」や「スペリオール」なるマンガ週刊誌を見て、マンガに興味を持つ。

 

小学生2年生でコロコロコミックデビュー。毎月は買わなかったが、友人に借りたりして、「スーパーマリオ君」、「カービー」などのマンガに触れ始める。ただし、何も覚えていない。

 

小学生5年生の終わり頃、兄貴から「週刊少年ジャンプ」を教えてもらい、兄弟で買うことに!

 

小学生6年生、ついに「週刊少年ジャンプ」デビュー。

 

当時は「ジョジョ」の6部あたりがやっていた気がする。「ワンピース」もアラバスタの話くらいだったろう。「花咲天使テンテンくん」がまだ連載していたといえば分かるだろうか。つまり、いわゆるジャンプ黄金期には被っていない。遅かった。。。

 

中学生あたりから、本格的なマンガ道に入っていくことになる。