Mac石井のマンガの小道〜その6〜


先月は投稿せずに失礼しました。マンガを買うお金がなかったので開拓できませんでした。では、お楽しみください!

自殺島

jisatsutou_1280_1024

自殺未遂を繰り返していた主人公。ある日、自殺を試みた主人公が失敗して起きてみると、たくさんの人と船に乗っていた。行き先は、とある島。そこに集まった人はみんな自殺の常習者。そこは自殺島と呼ばれる場所だった…。
このマンガは一気読みで発売済みの全巻を読んでしまった。自殺未遂を繰り返した登場人物たちだったが、ここに来て生き延びようとした。その人間ドラマとサバイバル要素がとても面白い。
その島で自殺してしまう者、狩猟して生き延びる者、各々が持つ過去を見せながら、それぞれの知恵や長所を活かしてサバイバルしていく。
今後も目が離せない。
評価
絵  2/5
オリジナリティー  3/5
パッション  4/5
石井ポイント 4/5
トータル 13/20
追記小道
「サバイバル」さいとうたかを
こちらのマンガは古め、そして小道な感じ。
大地震で崩壊した日本で、奇跡的に生き残った若い主人公が、自分の知識を駆使して生き延びていく物語。生き延びた人、家族を探しながら、サバイバルし、時に不安になり、時に生存者に励まされ、不安の中にも希望を持ち生きていく。
このマンガを読めば災害の中で生き延びることも可能か?絵も古い書き方だが、当時としてはストーリーも良く出来ており、読み応えがある。面白い知識を伝えつつ、ストーリーをうまく進める、こう言った類いのマンガの先駆け的マンガではないか。