合う飯、合う酒、合うタバコ「銀ダラの揚げせんべい」


謎の珍食通まちゃぴこによる不定期企画の第一弾。

まちゃぴこがこの世に溢れる気の利いたお料理を紹介しちゃいますよ。
紹介の基準としては、「何かに合う」ということだけなのだ。
体調の悪い時にはこいうい食べ物いいよね、とか
酒にはこのつまみだ!とか
朝飯にこれがあると嬉しいな、とか

そういったふと気づいた時にあるとちょっとハッピーになる食べ物をまちゃぴこ視点からあなただけに教えちゃいます。

第一弾である今回は、タイトル通り「銀ダラの揚げせんべい」なり!

IMG_1149

こういう食べ物が第一弾に出てくるの感じ、この企画を少しつかめちゃうんじゃない?
もう見ただけで喉がビールを欲するなり!
今回はビールに合う食べ物なのだ。

以前、JISCOMで「お酒とシネマ」という特集をやっていたけれど、このおつまみあったらシネマいらねえんじゃなえか?って大元のJISCOMに喧嘩売ってみるなりよ。

銀ダラって、焼いたものがでてきたらそれだけでご馳走なのに、それはそれでご飯と合う食べ物になってしまうのに、そういうレベルの高いヤツがこうやって最後まであらがってくるところが小粋なのよねん。

それはまるで、将棋界の羽生さんみたいに、囲碁やっても結構な所まで行っちゃうような憎いヤツ。
マイケルジョーダンがメジャーやって失敗したのとは訳が違うなりよ。

こういうので他にあるのはアジかもね。
アジは刺身で食べたあと、揚げてくれるお店があるけど、これまた嬉しくなっちゃうよね。
あとは甘エビなんてのも同じ車両に乗ってこれちゃうわけさ。
甘エビなんかは食べた後に頭の部分をお湯にぶっ込んじゃったりして、その出汁でみそ汁とか、もう嫌になるくらいおかわりしたくなるなり!

けど今紹介したこいつらはあくまでも秀才なだけ。
銀ダラはそういう言い方するとさ、天才とか非凡ってことになるのね。
もともとがお高めの食材なのに、泥臭いことまでちょっとやってみたらそれも余裕でできちゃうみたいな感じなの。

人間社会もそうみたいね。
出来ちゃう人ってなんでもできちゃう、そういう人が泥臭いことすると平凡な人たちは勝てないなり。

だからみんなも頑張って、天才まちゃぴこにこれからも着いてくるなりよ!