『JISCOM会議の裏側 vol.3〜吉祥寺放浪編〜』


 

 

時は来た。土曜日の13時に吉祥寺に集合。

本当は12時であったのだが、

私高野百万石が当日の朝5時まで飲んでいたため1時間延期。

弾コースケに吉祥寺に到着したことを伝えたところ

ディスクユニオンにいるとの連絡。

特に何も買うわけでもなく20分くらいレコードと戯れた後、

お互いお腹が空いているという意見で一致し、

また折角の休みなんだからビール飲みたいねという意見も一致し、

「磯丸水産」に入ることにした。

 

もう一人のメンバー、ボルサリーノ堤はどうやら16時にバイトが終わるらしい。

それまで、とりあえずJISCOMの未来について語ろうかなんて思っていたのだが、

正直昼間に飲む酒という行為をナメていた。

1杯280円という割とリーズナブルな価格のせいか瞬く間に2杯目へと手が伸び

目の前でハマグリやカニ味噌なんて焼いている最高の雰囲気も手伝って

開始30分程で話は脱線し始めた。

友部正人の『POKHARA』というアルバムがいかに歴史的な一枚であるか、

ウェス・アンダーソンの『グランド・ブタペスト・ホテル』が最高な件について、

『バードマン』のイニャなんとか監督は菊地凛子を脱がせて今度はバットマンかい、

東北新幹線『Thru Traffic』の再発お前も買ったのかよ、

なんて感じだ。一応、大事なことも話したのかもしれないが、

そこは皆さんのご判断にお任せすることとしたい。

 

『遠来』友部正人

 

ちょうどテレビ中継していた巨人対ヤクルトを見ながら、

レモンサワーを3杯飲んで、プラス納豆と味噌汁を締めに注文し、

ボルサリーノ堤が到着する時間も近づいて来たので店を後にすることにした。

それから、酒の勢いでレコード買っちゃおうということでココナッツディスクへ移動。

その途中で、ドラマ撮影中の山口智子に出会うサプライズ。

コースケは2枚、私は7枚のレコードを購入。

一旦、冷たいものを食べたいということで東急デパートのそば屋へレッツゴー。

大盛りざるそばを5口で完食。そして、食後の一服。

まあ、とりあえずもう一服してみようか・・・。

 

・・・。

 

そう、ボルサリーノ堤がバイトを残業したのである。

ここまでぐうたら時間を潰して、彼を待ち続けていたのに

17時30分にようやくバイトが終わったとの連絡。

あと30分くらいかかるとのことだったが、

この時点の2人に30分を待つ気力・体力は残っていなかった。

酒の飲み疲れ、レコード買い疲れ、そばの食い疲れ。

そんなわけで、24歳の身体は傷んでいた。

さあどうしようか。悩んだ時間はほんのわずかっだたろう。

 

マッサージにでも行こうか。

 

そう決意し、1軒目は予約でいっぱいであったが2軒目でピットイン。

『もみ処 らく屋』で全身マッサージコースを選択。

そしてなんと、あえての40分コースへ割増変更。ボルサリーノへのワイルドな仕返しだ。

実際、その40分間は2人ともいびきをかきながら寝てしまったのだが、

これまでの疲れは一気に消え、またボルサリーノを待たせている優越感をゲット。

ようやく会議は始まったのだった。

 

会議の内容はというと、ほとんどがNPOメイン。

昨年度の決算業務、次回の映画祭のテーマ選定。ものの1時間で完了してしまった。

一応、’会議をやった感’ということで写真を載せておきます。

CCTd28xUMAAWcIT.jpg-large

(左からボルサリーノ、百万石、弾)

 

時間がだいぶ余ったので、飯でも食いに行こうという話になった。

ガッツリ飯を食うか、それとも酒メインで行くか。

どこでもいいけど、ここではない。

そんな議論を3人でこねくり回している内に1時間経過。会議時間と一緒だ。

結局、どっちつかずの『一軒目酒場』になだれ込むことに。

話の中心は、野球の話。みんなでドラフト会議を開こうなんて感じだ。

年俸総額は25億、DH制、ピッチャーは3人、メジャー選手は禁止で3A以下はOK

チーム名は自分で決める事なんてところまで詳細に話し合った。

その時にパッと出たチーム名は、

『中野SOD(ソフト・オン・デマンド)ザmen’s』『新大久保セコム・バローズ』

『塚田農場レッドブルズ』『新潟JAライスズ』『吉祥寺・無印良品サムシングエルスズ』

といったところだ。あまりにひどい。

しかし、このネーミングセンスも含めて勝負しようということになり、

おそらくその機会は6月末のヤクルト対巨人戦を神宮球場に見に行った帰りの飲み会になるだろう。

本ドラフト会議のスポンサー募集しております。

 

ということで、23時ころに会議はお開き。

濃密な1日の物語は終了。

次回の「JISCOM会議の裏側vol.4」は、むしろ表側企画『ドラフト会議』の模様を

ドラマチックに報告したいと思います。スポンサー募集中です。

 

『sad song』前野健太

(磯丸水産の近く)